ストーカー加害者になりやすい人

ストーカー加害者になりやすい人の性格や特徴について

ストーカー加害者になりやすい人の性格には特徴があります。特に思い込みが激しく自己愛の強いナルシストの人はかなり危険度が高い傾向にあります。ストーカーになりそうな人というのはよく行動を観察してみると、怖いと感じる瞬間があるはずです。彼氏や彼女だけでなく、恋愛関係に無い異性や友達、会社の同僚や上司などであっても執着されている、干渉されている、いつも監視されていると感じることがある方は注意が必要です。

 

ストーカーの加害者自身がストーキング行為をしていると自覚しているケースはあまり多くありません。特にプライドの高い人は自分の考えが正しいはずだと思い込んでいます。またストーカーされやすい人という方ももちろんいます。たとえば優柔不断な人や自分の意見をはっきり伝えることができない人などが被害にあう確立が高くなっています。

 

ストーカー事件の中には全く知らない人が加害者だったというケースも存在しています。そのような場合にはまずつきまといをしているのが誰なのか特定することが必要です。日常の中で視線を感じたり、尾行をされている気がする、手紙が届くなど恐怖を感じることがあるという方は一度、民間の調査会社などを利用してご自身に起こっている状況を確認してみてはいかがでしょうか。

 

⇒ストーカー対策で評判の行動調査相談・見積もり依頼